エンパスって知ってますか?

あなたは、人混みや満員電車などで、ひどく疲れたり動けなくなったりしますか?

また、他人の事件、ドラマや映画や、それがニュースであってもいつまでも気になって影響してしまうことがあるでしょうか。

 

そういった人は「エンパス」かもしれません。

 

私も自分がそうだと分かったことで、対処できるようになりました。

検索してみると、日本人は多くて、
5人に1人ぐらいが、そうらしいですよ。

 

今日は、スピリチュアル的に言われる「エンパス」について、解説してみたいと思います。

 

感受性が強いということ

「エンパス」という言葉をこれまでに聞いたことはあったでしょうか?

 

簡単に言うと感受性の強い人のことです。

エンパシー、共感力の高い人とも言われます。

 

自覚があるわけではなくて、無意識にも周囲の波動を受け取りやすい人が多くいます。

他人のエネルギー、特にネガティブな思いを吸収してしまうんですね。

 

それは、望む望まないにかかわらず影響されてしまい、
疲れたり、落ち込んだり、何もする気がなくなってしまったり、
逆にイライラしたり、ひどい場合は、動機が早くなったり、落ち着けなくなったりします。

 

それは、感受性の強い人が、周囲の影響を受けてしまっているからなのですが、
自分でも自覚がない場合がほとんどです。

 

鬱や、パニック障害、最近言われる適応障害の類は、こういった理由の場合も多いのではないでしょうか。

 

感受性が強いということは、人の気持ちがよく分かるということでもあります。

なので、言葉で伝えなくても、感じ取る能力があるということでもあります。

 

例えば、言動や顔色から、他人の体調不良に気づくことができる、動物が言おうとしていることが分かるなどですね。

 

「空気を読む」という表現も日本人ならではですが、他人のことを気にしている人が多いということもあります。

 

それはそれで素晴らしい能力です。

誰でも持っている能力ですが、高い人や低い人がいます。

 

スピリチュアル的には、特にそんな感受性が強い人をエンパスと言います。

 

感情に飲み込まれないようにするには

エンパスの人は、ともかく色んな感情に過剰に反応してしまいます。

 

でも、過剰かどうかなんて、自分では気付きませんよね。

誰もみんな同じ様に感じるものだと思っていました。

 

でも、エンパスという「ひとつの能力」だと知った時、私はすごく楽になったんです。

 

なんだ、みんなこんなに考え込まないんだ、考えなくてもいいんだ、という感じでしょうか。

 

映画も嫌いでした。
なぜなら、1ヶ月ぐらい、衝撃的な映画だと今でも?その内容について考え込んでしまうからです。

 

なぜあの人はあそこで逃げなかったんだろう、
どうしてそんな風になるんだろう、
なぜ、どうして、を延々考えてしまうので、日常生活に支障をきたすのです。

 

本当に、自分に言いたかったです。
「いつまでも何を考えてんの?!」

 

でも、考えてしまうのです。

 

そういう風に、エンパスの人は、
自分の感情と他者の感情を区別することが出来なくなることが多いんですね。

これも、ひとつの特徴です。

 

他人の悩みなのに、自分の悩みの様に感じてしまったり、ひどいと、どうにかしようとしたりします。

 

それこそ、憑依されやすい体質でもあります。

 

なので、もしあなたも自分がエンパスの資質があるのかも、と思うのであれば、

自分と他人の境界線をしっかり意識してください。

 

今、自分が考えることなのか、
自分がどうにかできることなのか、

ということです。

 

ある意味、テレビのニュースを見て怒ったり泣いたりするのも、そういうエンパス的な面を持っているので、そうなってしまうんですね。

 

募金をするとか、署名をするとか、
行動できるわけでもないのに、

いつまでもニュースの先の人を怒ったり、哀れんだりしてしまうときは、

あ、私の問題ではないな、と切り替える様にしましょう。

 

無意識に受け取っている感情について

エンパス能力の高い人は、無意識の中でも他人の感情を受け取ってしまっています。

 

私は、ちょっとミステリー番組の予告が流れているのを見てしまっても、夢に見たりするんです。

勝手に殺人シーンを想像してしまっているんですね。

 

どんな事件でも夢に見るわけではないので、
何か気になるポイントがあるわけです。

 

多分、過去世が反応してるのだと思うのですけど、そんなに気になってたんだなぁと、自分をなぐさめてあげます。

大丈夫だよ、もうそんなことは起こらないよ、

そう自分に言葉で言うだけでも、その気持ちは浄化されていきます。

 

夢に見るとかは、意識的にアピールされてるので気付きますが、
どっと疲れたり、重い感じがするだけで、体調が悪いのかなとか心当たりがない場合もあります。

 

実際に人混みに出かけたら誰でも疲れます。

でも、自分にとって、いつも以上に疲れがひどいときは、何かマイナスのエネルギーを受け取ってしまっているんです。

 

こればっかりは、エンパスの宿命ですから、
自分で、ぱっぱと切り替えれる様になるか、
バリアを張る方法を覚えるか、
浄化の方法を覚えるしかありません。

 

感受性が強いと言うことは、
特に悪いことではなくて、
個性ですからね。

 

女性なんだから、男性ほど体力がない、とか
国語が嫌いだったから漢字も苦手、とか、
細かいことを考えるのが苦手だから、どんぶり勘定とか(≧∇≦)

 

色んな個性がありますが、
それをせずに済むように工夫したり、
誰かに助けてもらったりして、毎日を暮らしてますよね。

 

嫌いなことに一生懸命に時間を割いて
克服しようとしたりしませんよね。

 

エンパスもそうです。

 

私って、その場のエネルギーを感じ取れる人なんだわ〜とかでいいのです。

 

スピリチュアル的な感覚を自分に許可する感じですね。

 

具体的なバリアや浄化とは

それでもなかなか切り替えれないわ、と言う人のために、いくつか簡単な方法をお伝えしたいと思います。

 

防御、バリアを張る一番簡単でいて効果が高い方法があります。

 

これは、人間関係で悩んでいるときにも使えますが、今回は自分を守る方法として、ご紹介します。

 

キラキラの金の卵のようなバリアの中に
自分を入れてください(*^_^*)

 

えーー、そんなスピ的なこと出来ない!
と言う人は、諦めてください(≧∇≦)

これね、人混みで人が避けてくれますから。

 

周りの人を見ずに
自分の作っているキラキラバリアを意識しながら歩いてみてください。

 

道が開きますよ、なんならスキップ出来そうです(≧∇≦)

 

疲れてる時ほど、歩いてると人にぶつかられたりしますよね。
あれは、自分自身のオーラも弱っているからなんですね。

 

オーラを意識的にコントロールすることは、知識も必要ですし慣れないと難しいので、
ともかくキラキラの金の卵!

これをイメージすることで、自分を守ることが出来ます。

 

ぜひやってみてください。

 

それでも、受け取ってしまってるなー
浄化したいなーという場合、

ひとつは塩風呂ザブーンです。

 

もうひとつお伝えするのであれば、
植物や自然に受け取ってもらうということです。

 

家にある観葉植物は、常にその家の人を浄化してくれています。
感謝の気持ちを伝えたり、ねぎらうことで、そのマイナスのものをちゃんと浄化してくれます。

 

浄化しきれない場合は枯れていきます。

 

そんな可哀想!というわけではありません。
そのために、あなたの家に来てくれているわけですからね。

 

感謝して、次の植物をぜひ迎えてあげてください。

枯れることは悪いことではありません。

 

ご飯も残したら捨てますよね、
何でもかんでも自分が食べきることなんて不可能です。

水なんて、どんどん使って流していますよね。
日本は本当に豊かな国ですから。

 

植物が枯れることが気になるのであれば、
部屋中を埋めるほど植物で埋め尽くしてみてください(≧∇≦)

 

水のやりすぎに注意すればいいぐらいです。

エンパスであれば、
どの木が水を欲しがっていて、どの木は欲しがっていないか、きっと分かります。

分からなければ、ちゃんと調べてくださいね。

 

私も、昔はサボテンでも、竹バンブーでも枯らしてました( ̄▽ ̄;)

でも、今はどの鉢も元気です。

 

セッションではその辺り、もっと詳しくその人に合った方法をお伝えしていってます。

気になる方は問い合わせフォームからどうぞ。

 

今日は、エンパスと守ってくれているものにありがとう(*^_^*)

#今日のありがとう vol.632

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です