スピリチュアルには、色々あります

チャクラクリーニングと、
ヒプノセラピーは、関係ありますか?

というお問い合わせをいただきました。

 

えーっと、
バラとチューリップは、関係ありますか?
みたいな?(^-^;

 

どちらも、お花です。

どちらも、スピリチュアル的な施術です。

 

何が聞きたいのか、もう少し聞いてみないと分かりませんね。

 

スピリチュアルと言っても色々、様々

私はスピリチュアルのことを
「目に見えない世界のこと」と定義しています。

なので、ぶっちゃけお墓まいりもスピリチュアルです。

 

氏神様にお詣りする、
ご先祖様にお参りする、
産土神社にお詣りする、

1日にこの3つをしてきたところ、
素敵なご褒美をいただきました(*^_^*)

 

それをお陰様と思うか、
自分が頑張ったからと思うのか、

スピ的には、守られてる、助けられている、お陰様でという感じなので、色んなものに感謝しました。

 

自分が頑張ったからと考えることも、自分をちゃんと認めてあげるという意味では大切なことです。

でも、そうなると、頑張らないと何も回ってこない、助けられないという意識にもなります。

 

働かざる者食うべからず、という言葉がありますが、逆にそう言う人を助けたいと思えませんよね。

 

見えない世界にいつも守られている、助けられているからこそ、こうして生きているのです(*^_^*)

 

それが信じられたとき、自分に自分以上の素晴らしいパワー、エネルギーを感じることが出来ると思いますよ。

 

そんな、見えない世界と、
色んな形態、ツール、施術方法で、つながることができます。

 

そのひとつが、
お墓まいりであり、
チャクラクリーニングであり、
ヒプノセラピーであり、
宇宙とつながることだったりします。

 

スピリチュアル系のビジネス

それをビジネスとして価値を提供するのであれば、その手法に着目するよりも、

どんな結果が得られるのか、
どうなれるのか、
結果や目的、望む状態を得れるのか、

ということが重要です。

 

例えば、四十肩かな、五十肩かな、
腕が上がらないなー痛いなーという時、

 

ヒプノセラピー、催眠療法で、あなたの過去を癒すと、治るかもしれません、
と言われるより、

 

何か、過去の経験がストレスとなって、身体に影響が出ているだと思うので、それを探ってみましょう、と言われる方が、

お願いします、と言いやすくないですか?

 

まあ、普通の人は、
じゃあレントゲン撮ってみましよう、
の方を圧倒的に選びます。

 

でもそれは、
例えていうなら、
ガス警報器がなっているのに、
音だけ消して、ガス漏れを対処しないのと同じなんですね。

 

身体の異変は、何かの感情をもとにしたストレスからきています。

スピリチュアル的な手法では、そのストレスの元にアクセスするので、根本的に改善できるのです。

 

でも、それこそ魂がそれをテーマとして持っている問題は、
問題と言うより課題なので、なくすことができない場合もあります。

でも、それが課題だと分かれば、取り組んでいくこともできますね。

 

目に見える世界だけに生きようとすると、そういった隠れた問題を解決できないので、
いつまでも同じサークルの中をグルグル回り続けるということになってしまいます。

 

その無限ループから抜け出して、魂が望む本来の生き方をするために、スピリチュアル的な自分の力を超えたもののサポートが必要なんですね。

 

それは守護霊様だったり、もしかしたら未来の自分かもしれません。

 

そして、その手法も、私はどんなものでもいいと思っています。

 

なので、チャクラクリーニングとヒプノセラピーと言われても、どちらがどうとは思いません。

どちらも、自分の本質的なものを見つけるためのものです。

 

私がペンデュラムでチャクラを整えるのも、
ヒプノセラピーで、過去を癒すのも、

結局は、今感じている問題が解決できればいいのですから。

 

あーーー!

 

どちらも、ペンデュラム使えますね!

 

ペンデュラムは、潜在意識にもアプローチできるので、様々なヒーリングで使われていますね。

元々は水道管を探したりすることに使われていたぐらいですからね。

エネルギーの流れを捉えてくれるものです(*^_^*)

それをお伝えし直したいと思います(≧∇≦)

 

今後私は、そんな様々なスピリチュアルの技術を
ちゃんとビジネスの仕組みとして作り上げるサポートをしていこうと思っています。

 

今日は、スピリチュアルの様々なツールにありがとう(*^_^*)

 

#今日のありがとう vol.629

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です