スピリチュアルの定義

あなたは、スピリチュアルは好きですか?

私は以前はものすごく抵抗があったんですが、
今となっては日常そのものに感じるようになりました。

スピリチュアルとは

私はいつも、

スピリチュアルとは、目に見えない世界のことと言っています。

 

Wikipediaでは以下のように定義されています。

英語のスピリチュアル(英: spiritual)は、ラテン語の spiritusに由来するキリスト教用語で、
霊的であること、霊魂に関するさま。
英語では、宗教的・精神的な物事、教会に関する事柄、または、神の、聖霊の、霊の、魂の、精神の、超自然的な、神聖な、教会の、などを意味する。

 

本屋さんでの分類は、精神世界とかになっていますね。

 

私の好きなスピリチュアル業界の先駆者、穴口恵子さんは、
スピリチュアリティの定義を以下のように著書に書いていました。

「目に見えない 人の意識や それを超えた超意識の領域のこと」

そして、今はさらに広い意味で使われているということも紹介されていましたね。

 

脳も実際に使われているのは、3%とか5%と言われています。

その考えている部分は顕在意識と言われていて、
無意識の部分のことを潜在意識と言われています。

 

そして、さらにそれを超越して、
宇宙と一体化された「超意識」では、人はみんなつながっていると言われています。

 

また、目に見えて触れることができるのは、ほんの5%だと言われているので、

それ以外の本質的な隠れている部分、

その全てがスピリチュアルの世界だと私は定義しています。

 

そして、その目に見えないスピリチュアルという世界が、
どれほど私達の目に見える世界に影響しているのか、

それを知れば知るほど、
目に見えている世界の仕組みが理解できるようになりました。

 

目に見えない世界を意識することで、目に見えている世界が変わっていきます。

それが、スピリチュアルだと私は思っています。

 

スピリチュアルにはどんな分野があるのか

先程も紹介したように、
現在ではスピリチュアルも広い意味で使われるようになりました。

 

霊、魂などの意識的なエネルギーだけではなくて、
宇宙や、時間と空間などのSFと言われていた分野もスピリチュアルで扱うようです。

 

癒し系のマッサージ、
アロマなど、
クリスタルなどの鉱物、

心理系のカウンセリングなどは、
ヒプノセラピー、カラーセラピー、アニマルセラピーなども含みます。

 

占星術やタロットなどの占いと言われるものも、
本質的な心理を扱うので、スピリチュアルに含まれるようです。

 

また、最近では、パワースポット巡りや、神社仏閣なども
開運ツアーと言われたりして、スピリチュアルブームに入ってきていますね。

そうなると、宗教やご先祖様を敬うことも、含まれてきます。

 

なので、座禅や瞑想なども、ある意味スピリチュアル的な行為と扱われます。

 

私も目に見えない世界のことは、うさんくさいとか、怪しいと思っていたので、
それは違うだろ〜とか思っていました。

 

でも、どこまでが、スピリチュアルなのか、
定義が問題なのではなくて、

その目に見えない世界のことを信じることができるかどうか、ということです。

 

さらに私が学んだのは、スピリチュアルらしいというか、
波動や、エネルギーヒーリングなどと言われるものです。

 

オーラやチャクラという、人の波動、エネルギー自体を整えるものだったり、

チャネリング、宇宙や目に見えない世界からのメッセージを受け取ることだったり、

アカシックレコードや、サイキックパワーや透視など、

私もまだまだ知らない世界は、どこまでも広がっています。

 

スピリチュアルブームに乗って

今は第何次でしょうか、日本にもスピリチュアルブームが来ていると言われています。

 

日本はアメリカなどからは、20年以上も遅れているそうです。

世界を見れば、すでに日常の中に
そういった目に見えない世界についての意識は取り込まれています。

 

日本ではまだまだで、一般的には神社仏閣、お墓参りなどの昔から親から子へ引き継がれるものだけでしょうか。

 

一部の企業では、瞑想を取り入れたり、直感力を鍛えたり、
スピリチュアル的な思考を学ぶことで、引き寄せ力を高めたりしているようですね。

 

実は、私の叔父が、日本のスピリチュアルの第一次ブームと言われる頃から、
バシャールや、その他のスピ系にも関わっていたということを最近になって知ったんですね。

 

その後1994年ごろ、阪神の震災前にその叔父の経営する会社にほんの1年ほどお世話になっていたときがありました。

そのときに、今考えれば朝礼でも未来をイメージするワークがあったり、
他の営業の人と一緒に、自己啓発的な外部のセミナーに学びに行かされたりしていました。

すごく良い経験をさせてもらっていたのに、私は違和感を感じて辞めてしまい、デザイナーとして独立したのでした。

 

子供の時から、超能力やSFが好きだったのですから、
そのころにスピリチュアルに目覚めていたら、今はどうなっていたかな〜と思います。

 

結局は、夫と起業してからビジネスのことでまた叔父にお世話になったのですが、
そのときに「聖なる予言」や「ザ・シークレット」などの本を渡されたのでした。

 

今となっては、それが私にとっての必要なタイミングだったのだと思います。

その後、さらに学ぶ機会にも恵まれたわけですからね。

 

今は、私もそういったスピリチュアル的な感覚を
少しでも多くの人に知ってもらえるように、

私にできることをしていきたいと思っています(*^_^*)

 

回り回って、イマココ、な感じです。

今日は、今のスピリチュアルブームにありがとう(*^_^*)

#今日のありがとう vol.615

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です