我が家のワンコの記録

今日は七夕ですね。

18年前の今日、先代ゼファーに出会った日でもあります。

なので、今日は我が家のワンコの記録です。
よかったらお付き合いください(*^_^*)

七夕の出会い

2001年の七夕の日、ゴールデンレトリバーの仔犬を見に行ったんですよね。

男の子に決めていたので、2頭のうちから1頭、
この子にします(*^_^*)と決めたのでした。

 

その後いったん紹介してくれたブリーダーさん宅に預かってもらっていて、
うちの子記念日は、7月11日。

ゼファーが我が家にやってきました。

 

でも、結局我が家に落ち着くまでに結構な日がありました。

親元から離されてブリーダーさん宅で4〜5日(この間に出会っています)
いったん我が家にきても4〜5日ほど、
そこから実は新婚旅行に出かけたので、
実家に預かってもらって、そこも1週間ほど、
7月21日から、ようやくずっと我が家に落ち着いたのでした。

 

生後一ヶ月で親から離されて、一番多感な時にあちこち移動して、
結構先代ゼファーは最初問題が色々あったんですが、これもそのせいかな〜と思います。

仔犬なのに逆ギレする、あまり触られたがらない、
他の人や犬が怖い(これが一番だろうな〜)
一番愛情が必要な時に、ゆっくり十分には愛されていなかった感じがします。

 

それでもそこからは愛情たっぷりに育てましたよ〜〜
でも、本当に苦労もしました(;´∀`)

 

実家にその半年前まで同じ大型犬のラブがいました。

亡くなったところだったので、親もゼファーを預かったことで少しは気持ちも紛れたと思います。

でも、そのラブは親が育てたので、私は苦労を知らなかったんですね。

 

先代のゼファーは生後6ヶ月になるころには、もう悪くて手を焼いて、
しつけ教室に通いましたが、2歳ぐらいまでは、時々「もう無理ー!」と泣いていました。

 

夫もその頃は、常勤の仕事だったので、朝早くから夜遅くまでいませんでしたし、
ワンコとはいえ大変な子育てでした。

 

ゼファーがつないでくれたご縁

その後、ゼファーつながりで実家にもゴールデンの女の子が来て、その子のおかげで犬友達が一気に増えました。

 

そこからですね、
夫も仕事が変わり、一緒に自宅で仕事をするようになって、
Twitterでもゼファーパパ、ゼファーママという名前で交流を広げました。

 

それからも、たくさんのご縁を運んできてくれたのは、本当にゼファー、あなたのおかげです。

 

2015年にゼファーは、私達夫婦の腕の中で眠りにつきました。
たくさんの幸せな時間をありがとう。

 

そして、1年と3日後に今のゼファーが生まれたのは奇しくも同じブリーダーさん宅。
もうゼファーが来てから連絡を一切取っていなかったのに。

 

そして、2016年6月1日に我が家に還ってきたゼファーは、
先代の記憶が本当にあるんじゃないかと思うほど、色んなことをもう知っていて覚えていて、
今まだ3歳なのにもう落ち着いています。

 

先代の3歳のときは、もう色々無茶苦茶であんなに手を焼いていたのに、拍子抜けするぐらい賢いです。(親ばか入ってますけど)

2回目って、こんなに違うのかな〜とも思います。

 

先代もあちこち遊びに連れていけるようになったのは、3歳ぐらいから。

今のゼファーは一昨年など忙しかったので、まったく旅行とか連れて行ってあげていません。

これからは、また色んなところに遊びに行きたいね。

 

今日は、たくさんのご縁をつれてきてくれた我が家の先代と今のゼファーにありがとう(*^_^*)

#今日のありがとう vol.542

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です