数字が苦手という人へ

こんにちは、

スピリチュアル専門マインドコーチの
安達庸子です。

スピリチュアルをビジネスにしたい人、
もしくは仕事にしているけど稼げていない人へ

スピリチュアルビジネスについて
お伝えしています。

 

今日は2020年2月2日、
2がいっぱい並ぶ日ですね〜

夜の8時、20時20分のスクショを撮るために1分前にアラームをセットした私です(≧∇≦)

今日は、数字のお話です。

数字が苦手という人へ

私もそうですが、
女性は数字に弱い人が多いですよね。

 

弱いというより、
何か拒否反応というか、
苦手意識的なものだと思います。

 

恥ずかしながら、
私は数学のテストで0点を何度も!
という経験があり、
本当に数字に対しては
苦手意識がすごくありました。

 

でもね、
空間デザインの仕事をしていたわけです。

建築業界とか空間を設計する時は、
一尺、約300ミリという単位がベースになるので、
それが、頭にも感覚的にも叩き込まれているわけです。

 

材料は全てその3の倍数で成り立っています。

通路幅や、家具の大きさの基準も、
その倍数から、変形していきます。

 

なので、WEBデザインをメインにするよういなってからも
空間の感覚は衰えなくて、
天井を見て「だいたいCH2400かな」とか
「この通路、600も取ってないやん」とか
分かるわけです。

 

これって、全然、数字得意な感じですよね。

 

自分の得意分野であると、
数字に対しても苦手意識が無くなるわけです。

 

数字が苦手という主婦であっても、
買い物カゴの中が、だいたいいくらぐらいになるか、パパっと足せたりしますよね。

私も数千円のスーパーの買い物であれば、
誤差300円ぐらいです。

 

なのに、

いざ必要経費を書き出して、
足してみよう、
率を計算してみよう、

となると、
「分からーん!」となるわけです。

 

これは、
それに対する興味の度合いなだけなんですね。

 

見たくないものな対して
苦手意識が生まれているんです。

 

面白いもので、
これね、

稼げる様になったら
この計算がサクサク出来てしまうんです。

知りたい数字だからです。

 

どれだけ、
自分が物事を
先入観から入っているのか分かります。

 

実は、
数字に苦手意識がある人は、
数字が得意になってきたら、
売上も上がる場合が多いんですね。

 

これは、逆もしかりなんです。

 

数字の苦手意識が無くなってきたら、
収入が増えるとしたら、
克服したいと思いませんか?

 

通帳の数字がどんどん増えると
嬉しくないですか?

 

そのためには、
数字に強くなることが大切になってきます。

 

数字に強くなるには

では、どうすれば数字に強くなれるでしょうか?

 

男性的な人、
元々積極的な活発な人は
数字に強い場合が多いです。

それは、自分の努力に対しての
成果だったり、結果に対して、
興味が強いからでもあります。

 

女性的な仕事とは、
家事にしても、育児にしても、
積み重ねで、状態を維持することが目的であって、
成果や結果が目には見えてきません。

 

掃除をしていないと汚いなーと思ったりしても、
掃除を毎日しているからといって、
今日もきれいな部屋だ!とは思いませんよね。

今日もいつも通り、
としか感じないのではないでしょうか。

 

たまに、窓ガラスを磨くからこそ
きれいだーと思うわけで、
いつもきれいな窓ガラスだったら
きれいだなーとか思わないですよね。

 

なので、
数字に強くなるためのひとつとしては、

「結果」や、
「目標」を数値で意識してみてください。

 

毎日継続で何かをして、何日目とか。
万歩計をつけて、今日は一万歩歩くぞとか。

 

子育ても、日常を維持していくと書きましたが、
成長していくと、
一年、二年、学費にいくら、
塾にいくら、とか、
母親が貯金しだすのは、
そういう目標が見えてくるからです。

 

そして、
細かい数字ではなくて、
大きな数字を見るようにしてみてください。

 

スーパーの数円、数十円にとらわれていると、
家計全体が見えなくなります。

 

小さな数字は自分でどうにかコントロールできるので、
なんとかしようとするんですね。

でも、全体が見えるようになると、
その小さい数字をいくらどうこうしても、
大きな数字の中に埋もれていくのがわかります。

 

大きな数字に対しても
苦手意識をなくしていくだけで、
実は受け取れる器が変わっていきます。

 

大きな数字に慣れていくと、
達成するのが楽しくなるので、

苦手ではなくなって
どんどん、得意になっていくんですね。

 

なので、もうひとつ
数字に強くなるためにやってほしいこと、

それは、私がやってきたことで
数字が苦手な人に
ぜひやってほしいことです。

 

稼げる様になりたい人は、
絶対です。

 

それは、3桁ずつの「,」を
意識して打ってください。

 

1,000円、
10,000円、
100,000円、
1,000,000円、

サクサク読めますか?
いちいち数えてませんか?

一十百千万、って私は数えないと読めませんでした。

 

次行きますよ、

1,000,000円、
10,000,000円、
100,000,000円、
1,000,000,000円、

読めましたか?

 

6桁の契約取れました!
7桁の契約取れましたー!とかね。

そして、
8桁の年収になりましたー!とか、
目指せ9桁!!とか、

そういう目標にするわけです。

 

すると、数字が読める様になってきます。

 

これね、
本当に効果があります。

 

稼げないときは、
本当に数十円、数百円も気になるんです。

 

でも、それを気にしないように
あえて意識してください。

それこそ、小銭は寄付してください。

いくらからが小銭なのか、
という感覚なのかも変わっていきます。

 

自分の関わる数字が大きくなっていくとき、
お金を受け取る器も大きくなっていきますよ。

 

ビジネスとは利益を上げること

ビジネスとは、
価値を提供して、売上を作り、
それに対して利益をあげていくことです。

原価イコール売上では、成り立ちませんよね。

 

スピリチュアル関連の仕事は、
原価がモノではないので、
分かりにくいですが、

おひとりさまビジネスである限り、
自分の一ヶ月の生活費が原価だと考えてください。

 

なので、最低限生活費の額、
できるだけ、利益をあげていくのが目標です。

 

ただ、
ビジネスを始めたばかりの人は、
最初は月数万円を目標にするのでしょう。

 

でも、そこをあえて私は、
数十万円の商品設計をアドバイスしていきます。

 

なぜなら、
スピリチュアルをビジネスにする場合も、
それ以外の仕事の場合でも、

おひとりさまビジネスである以上は、
営業も自分ですることになるので、

何十人にも買ってもらうより、
たったひとりに買ってもらうことを目指すほうが
簡単だからです。

 

そのために、
しっかりしたビジネスモデルを作っていくことが大切になってきます。

 

ビジネスモデルを作るときは、
数字の積み重ねでもあります。

 

そのときに、
自分自身の数字の感覚で
仕事の桁が違ってきます。

 

結局は、
受け取れる器で、ビジネスの規模が違ってきます。

 

ボランティアや趣味でやっていくのか、
仕事にしていきたいのか、
本人の器次第なんですね。

 

なので、
数字に弱いと言っている時点で
ビジネスは時期尚早でもあります。

 

ぜひあなたも、
数字に対する苦手意識を捨ててください。

単なる苦手だと思いこんでいるだけで
興味がある数字には強いはずですから。

 

そして、
ぜひあなたのそのスピリチュアルの技術や能力で
困っている人や悩んでいる人を助けてあげて、

あなたも、その人も
豊かに、幸せになれるように、

ビジネスを始めてください。

 

まずは数字に対する意識を変えていきませんか。

 

今日は、どんどん増える数字にありがとう(*^_^*)

#今日のありがとう vol.686

 

 

☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆

メルマガ始めました

「稼げるスピリチュアルビジネス講座」

スピリチュアルを仕事にしたいと思っている人や、
スピリチュアルのビジネスをしているけども稼げていない人へ

「稼げるスピリチュアルビジネス講座」
無料メルマガの登録はこちらから
(*^_^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です