過去って、実はどっちでもいい

あなたの現在に、どれぐらい「過去」は影響していますか?

過去って、実はほとんど関係ないんですよね。

むしろ要らない(;´∀`)

ずっとずっと私は、過去を引きずって生きてきたんですけど、気づいてしまいました。

過去って、実はどっちでもいい・・・(;´∀`)

今日は、そんな現在「イマココ」についてのお話です。

 

過去の出来事についての認識

過去の出来事というのは、〇〇があった、〇〇になった、
いつ、どこで、誰と誰が、どうしたのか、ということですよね。

その出来事の中に善悪や、喜怒哀楽の感情を埋め込んでくと、
「過去」という出来事が認識されて出来上がります。

嬉しかった、楽しかった過去なのか、
苦しく辛い過去なのか、

でも、その事実は変わらなくても、
認識を変えることで、そもそも過去は変わってしまいます。

 

例えば、

貧乏な家庭に生まれた、
裕福な家庭に生まれた、

どちらも、事実としては変わらないものです。

 

でも、貧乏だけれども、家族が仲良くていつも笑顔が絶えなかったというのであれば、
それは、自分の幸せな過去になりますよね。

生活が、苦しくて辛かったとしても、今まで生きてこれているのであれば、誰かが何かを助けてくれたからですよね。

そんな人の暖かさや愛情に触れることができた、ということに気づいてないだけかもしれません。

 

また、価値観が変わるだけで認識も変わってしまいます。

 

親子の間など、特にそれが大きいんですね。

親は子供のためを思って手を差し伸べて、しつけをして、道を作ってあげます。

自分が生きてきた全ての経験を通して、最善だと思うことをこれこそが最高の愛情なんだと、子供を育てていきます。

 

それで、幸せを感じているかは、
親と子で、それはそれは、悲しいすれ違いをたくさん見てきました。

 

親が子供が苦労しないようにと仕事を頑張って裕福な家庭を築いていても、
子供は親がいつもいないことで、寂しい思いをし、自分に愛情がないと思い込んでしまうこともあります。

 

それこそ、夫婦喧嘩のタネはいつも子供のことかもしれません。

夫婦間で、何が子供のためになるのか、価値観が違うと、それはそれは、いつも大げんかになり、
「私のことでケンカしないで!」となります。

そんな両親を見て育つと、最悪は、自分が夫婦の仲を悪くしている、自分は要らない子、生まれて来なければよかったと思うかもしれません。

 

親にとっては、いつだって大切で、愛おしく思っていたとしても、
愛されていないと感じる子供は多いのです。

「私は、愛されて育った」
「私は、愛されずに一人で生きてきた」

どう感じているか、
それは本当に同じ事実がそこにあったとしても、
認識は人それぞれなんですね。

 

本当のところは、コミュニケーション不足なだけなのですが、
それぞれで認識を変えることでも、過去は変えることができます。

 

親に直接聞けるのであれば、ハッキリと聞いてみるといいでしょう。

私はあなたにとって、不要な存在でしたか?
それとも、大切な存在でしたか?

母親の答えは、ただ1つでしょう。
父親に聞くと、違う答えかもしれません。

 

過去、現在、未来の関係

さて、どんな親であれ、
あなたに愛情を注いで育てたからこそ、
今のあなたがいるのだと思います。

もしそうでなくて、
想定外の答えが返ってきたとしても、

で、これからあなたはどうしたいの?

という事には変わりありません。

 

親から愛情をもらえなくて育ったら幸せになってはいけないのか、

親から十分な愛情をもらっていきてきたのなら、もうこれ以上幸せにならなくていいのか、

どちらも関係ないですよね。

誰だって幸せになっていいんです。

 

実は、未来にとって、
過去って、関係ないんですよね。

 

どんな生き方をしてこようと、
どんな経験をしてこようと、

これからどう生きていきたいか、
決めるのは「今」なんですね。

 

「過去があるから、今がある」

そして、

「今があるから、未来がある」

それだけです。

 

だから、
過去と未来は、直接は何の関係もありません。

 

人生というゲームは、
いつでも「イマココ」からなんです。

 

今、

お金を持っているのか、
どんなスペックを持っているのか、
どんな経験値をもっているのか、
どんな仲間がいるのか、

などなど、なんですね。

 

貧乏な家庭の出身だけれども、
今ここにお金は十分ある、
では仲間を探しに行こう!

となるかもしれません。

まだまだお金が足らないから、
まずはビジネスで成功しよう!
そのためには、今のスペックで何ができるか考えてみよう!と

なるかもしれません。

 

過去の良し悪し、喜怒哀楽の感情は、
現在、「イマココ」で関係してきます。

仲間を探すのは、人見知りだから辛くて無理!

歌うことが好きで楽しいけども、今のスペックではビジネスにはならない!

過去から積み重なった感情で、
現在のスペックは変わってきます。

 

今、何をすることが楽しいのか、
何をしていたら幸せだと感じるのか、

その感情は、過去の経験から積み上げて来られたものです。

 

でも、今まで人見知りだったからといって、
これからも人見知りでいないといけないということは、どこにも全然ないですよね。

人と話すことが怖いと思っていた自分の過去があったとしても、

怖いと思っていたのは、ただの思いこみで、
自分が話したいと思ったら話しかけたらいいだけのこと

そう認識を変えることができれば、
「イマココ」では、人見知りの過去は必要ないんです。

 

そういう過去からの感情を引きずってきてることを
ブロックとも言いますが、

そんなブロックは、外すこともできますし、
実は「もう関係ないや」と捨ててしまうこともできるんですね。

 

未来のための幸せの種をつくる

いろんな過去の自分がいたからこそ、
今の自分がいてるということは事実です。

過去にたくさん幸せの種をまいてきたからこそ、
今、幸せに暮らせているんです。

 

でも、辛かった過去、苦しかった過去は、ポイッと捨てられるとしても、
今現在が、辛い、苦しいという場合はどうすればいいのでしょうか。

 

スピリチュアル的に考えればね、

全てが最善に必要なことだけが起こっているということなんです。

なので、それが「今の自分」にとって辛くて苦しくて最悪だったとしても、
「未来の自分」にとっては、絶対に不可欠な要素なんですね。

これは、断言できることなんです。

魂は必要なことしか経験させません。

 

もう一度書きます。

 

「過去があるから、今がある」

そして、

「今があるから、未来がある」

ただ、それだけなんですね。

 

今辛くても、これは「未来のための幸せの種」だと思えたら、頑張れるかもしれません。

頑張ることが楽しければ、頑張ったらいいんです。

 

それが、ただ辛いだけなら、未来の自分に聞いてみてください。

今も自分のことだけを考えたら「逃げる」の一択かもしれません。

逃げることも、時には必要ですが、

全て自分の未来に必要なことしか起こっていないんだと分かったら、

これがどんなすごい事につながるのかって想像したら、楽しくなりませんか?

なかなか「楽しく思える」までは、普通ないですけど(^◇^;)

でも、どうなるのかな、と自分の未来に興味を持ってください。

 

自分はどんな未来に行こうとしてるのかな、
こんな未来がいいな、
あんな未来がいいな、

だったら、今はこうしよう、と決められたら最高なんですよ。

今のあなたと、未来のあなたがつながった瞬間です!

 

後は、そのつながった糸を、太くしていくだけです。

「イマココ」の状態を
ぜひ素敵な理想の未来につなげてください。

 

その時に、足を引っ張る過去があれば、認識を変えてあげてください。

「そのおかげで今がある」という何かを探してみてください。

 

私も、ずっと父親には愛されていないと思い続けて憎んできました。
愛されたかったんですね。

でも、ちょっと見方を変えたら、認識を変えたら、
なんだ!愛され過ぎてるじゃないかー!と気付けたんです。

あれもこれも、そう思えばありがたい感謝でしかありません。

辛かったことも、嫌だったことも、
私の望んだ形ではなかったけども、
父親からは最大限の愛情だったんだなと分かったんです。

 

「イマココ」の私のスペックが、
「愛されてなかった」から「愛されていた」に変わったんですね。

 

そして前を見た時に、
そのことがあろうとなかろうと、自分の未来は決まっていて、

ただ違うのは、過去にばかり向けていた自分のエネルギーを未来にだけ向けられるようになったということです。

こうだったら良かったのに、
もっと愛されたかった、なんでなんで(T_T)
と「今」の時間を使って考えていたことが、
本当にもったいないです。

未来から見た時に、
その時間を前に進むエネルギーにしてーーと叫びたいです。

 

まぁ、そのノロノロ、ウダウダな若い時があったからこそ、今の私がいることも、違いないですけどね(*^_^*)

 

今日は、素敵な過去と、楽しい今と、幸せな未来にありがとう(*^_^*)

#今日のありがとう vol.543

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です