不安から学べること

昨日は、お金の勉強会でした。
そこでお世話になっている社長に、それは素敵なお店に連れて行ってもらいました。

完全予約制の隠れ家レストラン、
一品一品が、それはそれは丁寧に創られていて、どれもこれも、美味しすぎて食べ過ぎました(≧∇≦)

こうして、その場に呼んでいただけること、
こういう場で、心地よく楽しめるようになったこと、

本当にすべてに感謝です。
ありがとうございます(*^_^*)

良いことばっかりでいい

同席した人と話していたのですが、とある占いをしてもらったとのこと、

「良いことばっかり言いはるから、なんか物足らなくて〜」

と言っていたのでした。

「なんで?!良いことばっかりで良かったやん」というと、

「いや、今後気をつけておいた方がいいことを教えてほしかったのよ」と言うのです。

なるほど〜、不安を予め教えてもらうことで、覚悟をしておきたいとか、先にそうならないように対応したいということでした。

 

確かに、そういう考えの人も多いかもしれませんね。

不安のことを考えていると、それを引き寄せてしまうという考えは無いからです。

 

「そんな気持ちもわからないではないけども、別に良いことばっかりで、いいのよ〜」と私の思いを言ってみました。

他の人も、そういう良いことしか言わない占い師の方が、本当はいいのよ、ともフォローしていましたね。

 

どんなことが起きても大丈夫

占い師の役割というのは、目の前の道にひとつの灯りをつけてあげること、と前に斎藤一人さんが言っていたのを思い出しました。

この先を不安に思っている人にも、
進んで大丈夫だよと、背中を押してあげる、不安をとりのぞいてあげられるのが、占い師の役目でもあるんだよと。

 

結局は、自分のことをどこまで信じているかなのですね。

自分で自分のことを信じられないので、占い師だったり、周囲の人に、これから将来のことを相談するんです。

もしこんなことが起きたらどうしよう、
嫌な目にあったらどうしよう、

そんな、まだ起きていないことについて、あれこれ心配して不安を大きくするのは、時間ももったいないことです。

 

自分が何に対して不安に思っているのか、それをまずはきちんと自分で把握することからなんですね。

地震が来たらどうしよう、親や家族に何かあったらどうしよう、

そんな不安を大きくしても仕方ありません。

 

地震が来たら何が怖いのか、
自分が死んでしまうことが怖いということだけはどうしようもありません。

でも、家族に何かあったらどうしようと思うのであれば、
もしもの連絡先、集合場所を決める、子供や要介護の家族がいるなら、誰がどうする、どこに連絡する、など、
今できることをしっかりと決めておきましょう。

 

そのために備えること、そうならないためにどうすればいいのか対策するのは大切なことです。

それでも、人生必ず想定外のことは起きます。

 

それを今から心配するヒマがあったら、想定外の大成功や、幸せになってしまうことを想像している方が、どれほど楽しい時間が過ごせるでしょうか。

 

まずは、不安の元を知る、そして今できる対応をする、その後は忘れる、

そして、その時にちゃんと対応できるという自分を信じるということなんです。

 

自分は何があっても大丈夫と、自分を信じることです。

 

不安から学べること

どうしても、不安をエサに商売をしてくる人がいます。

些細なことでは、◯◯スプレーとかですよね、
まだ被害にあっていないダニや虫、カビやウィルスの「予防」のために、
実際は体にも良い影響があるはずはない液体を
椅子やベッドなど、直接体が触れるところにまで撒き散らすことを推奨しています。

そんな不安をあおる広告で、人は踊らされて、そのことに気持ちがフォーカスされてしまうわけですね。

 

でも、そんな不安の中から、自分が何を気にしているのか、何を大切にしているのかもわかります。

ただの不安で終わらせずに、今できる最低限のことをしてみてください。

 

そして、そのあなたができる範囲をしっかり認識してください。

極端な例ですが、いつ地震がくるか、心配しても分かるわけはないんです。

自分ができることは、家具を固定しておく、家族の連絡先や集合場所を決めておく、備蓄品を揃えるなど、限られています。

その不安に対して、自分ができることと、できないことを把握するクセをつけることも大切です。

 

魂が引き寄せてくること

そして、スピリチュアル的には、魂は必要なことしか経験させないということを知っておくことです。

それは今の自分にとっては辛いことでしかないかもしれません。

でも魂がその経験をもって目的に向かって成長しようとしているんですね。

大きな学びをするために、引き寄せたことです。

でも、そう気付くことができなければ、その経験は先に生きてきません。

 

ああ、こんなことを引き寄せたんだな、と思ったら、そこから学べる「良いこと」を探してください。

決して「悪いこと」「原因」を探す必要はありません。

 

悪いことや原因を追求しだすと、自分をどうしても責めてしまうんですね。

過去の自分は、今の自分を作ってくれた最高の存在です。

そんな自分を責めるということが一番、未来につながらないことです。

 

未来の自分につなげるには、目の前の経験から、どんな素敵な学びをするか、どんな感動や感謝の気持ちを拾っていくかなんですね。

 

私も昨日は浮かれて美味しいお酒を飲んで帰宅したら、セキセイインコが不調でした。

色々あります。
今は保温して様子を見てますが、夕方病院に連れて行こうと思います。

 

可愛い家族がいて、大切な人がいて、こうして毎日すごせていることに、
本当にありがとう(*^_^*)

#今日のありがとう vol.549

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です