時間を操る魔法

あなたは、時間を自由に操っていますか?

普通の人は時間に追われた生活をしていますよね。

今日は、そんな「時間を操る魔法」です(*^_^*)

時間に追われる生活からさよなら

あなたは、お勤めされているでしょうか、
それとも、自営業でしょうか、
それとも、自由業でしょうか(*^_^*)

私は、夫の経営する会社の役員に入ってますけど、
基本的に自由業ですね。

だいたい、そんな記入項目ないので、自営業に◯をしていますが(≧∇≦)

 

私は新卒の時、
内装や、空間のデザイナーとして
最初に中堅企業に就職して、2年半で辞めて、
次にデザイン事務所に就職して1年ぐらいで辞めて、
その後、アルバイトで業界内を転々として、
最後は、身内の不動産会社にインテリアコーディネーターとして就職して、
現場監督までやってましたが、神戸の震災で辞めました(;´∀`)

 

自分のやりたいデザインを模索してたら
毎年転職してましたね〜〜(≧∇≦)

 

で、結局、やりたいことをしたかったら、
自分で仕事をするしかない!と
28歳のときに、フリーのデザイナーになりました。

それまでお世話になっていたデザイン業界の外注さんになりました。

 

なので、ある意味ではその時からすでに、時間からは自由になっています。

朝起きて、満員電車に乗って通勤して、バリバリ働いて、
タイムカードを押したら仕事が終わり!
という生活からは、さよならしました。

そのかわり、待っていた生活は、
365日24時間営業の自営業だったんですね。

 

自分で時間を決める生活

自営業とは、ぶっちゃけ365日24時間営業です。

私は朝が弱いので、8時とか9時に起きても誰にも怒られないので、起きる時間は適当になりましたが、
請けた仕事の納期があるので、仕事の内容によっては、徹夜もそれはそれは多かったです。

起きてパジャマのままでパソコンに向かい、お腹が減ったらようやく着替えて何か買いに行く、そしてまた仕事をする、という感じだったので、
実質時間には追われてませんが、仕事に追われる毎日でした。

 

でも、そのころから、私は時計をもたなくなりました。

それまでも、時計って、すべて文字盤の無い時計ばかりでしたから、昔から時間には、あまりしばられた生活はしてなかったんですけどね。

そして、すっかり時間は、打ち合わせや、人と合うために気にするだけになりました。

 

腕時計も、壁掛け時計も、12個の区切りと長針短針だけです。

細かい区切りや秒針や、数字もありません。
それで、十分でしたから。

 

食事もお腹が減ったら食べるという生活でした。

何時に起きる、何時に寝る、何時に食事をする、というルールが一切なくなったんです。
目覚ましは一応それ以上寝てたらダメという時間に設定しますが、だいたい目覚ましが鳴る前には起きるという生活です。

それは、今も変わりません。

 

時間から自由になって、自分のペースで仕事をするというのは、本当に幸せなことです。

でも、当時は、実際には仕事には追われて時間が全然足らない生活をしていたんですね。

 

時間を操る魔法とは

それが、その「時間を操る魔法」を使うことで、時間をコントロール出来るようになったんですね。

 

それまでの私の仕事の方法は、ともかく出来ることからさっさと片付けて、最後に難しい仕事に取り掛かる、という感じでした。

なので、全体のボリュームを見て、前倒しで片付けてはいくものの、最後にどーしよー、どーしよーと試行錯誤や紆余曲折が必要な仕事が残ってしまうので、
それこそ、責任感が強い私でしたから、納得いくまで、時間の許す限り、時間をかけてデザインをしていました。

 

そうすると、結局納期として、多めにみて請けてきた仕事であっても、ギリギリまで仕事をするということに毎回なっていました。

 

それは、出来るだけ良いものを創りたいという、私のプライドでもありましたが、
自分で自分を心身的にも追い込んでいたんですね。

なんとドMな私だったことか。

で、不満たらたら、ストレス満載になっていたのですから、ドMが好きなわけではありません。

 

それが、どうでしょう〜!

クリエイティブマインドコーチとして仕事をするようになった今では、
想定の時間で、納得の仕事が出来るようになったんですね。

 

その「時間を操る魔法」とは、実は簡単なことなんです。

ただ、自分で決める、というだけです。

 

この簡単なことが、なかなか最初はできませんでした。
今でも、決めずに始めてしまうと、時間を元々気にしないので、すっかりオーバーします。

 

よし、これをこの時間にするぞ、と決めることで、その間で出来るようにしようと、自分の顕在意識が努力するだけでなく、潜在意識が協力してくれるんですね。

いきなりスピ的になってきましたが(≧∇≦)

 

この時間を操る魔法を手に入れると、一気に何もかもが効率的になります。

自分で時間をそれこそコントロールできるようになるんですね。

そして、空いた時間で好きなことをゆっくり、まったり、時間を気にせずできるわけです。

 

魔法を使う練習

最初は、練習から始めます。

でも、
今日はこれをしよう、とか、
お昼までに、これをしよう、とか
だいたいで決めると、なかなかルーズな感じになります。

そこは、最初は5分でこれをする、ということからやってみてください。

 

そのうちに、30分、1時間で自分の予想時間より、1割ぐらい早めに設定してみることから練習していくと、いつの間にか収まっていくようになります。

 

自分で決めるということと、もうひとつ大切なことを忘れてました。

その時間で出来た自分を具体的にしっかりイメージするということです。

 

具体的にしっかりイメージするとは・・・
そうです、実は引き寄せの法則を「時間」に応用しているんですね。

 

頭の中で、先に行動している自分を映像として見てください。

これやって、これやって、出来上がっている自分の様子まで、イメージしてください。
ここに時間をかける必要はありませんよ。

 

よし、出来た!という自分が想像できたら、そこに行くと決めるだけです。

後は、そのイメージを全部リアルに落とし込んでいくことになります。

 

そうすることで、時間は自分の都合に合わせてくれるようになります。

 

これは、私は実は昔からやっていました。

Macって、昔はいきなりフリーズしたり、電源が落ちたりしていたんですよね。
そこまでの何時間もの作業がパーです!

 

でも、一度作っているので、もう一度同じ状態まで作ることの早いこと早いこと!

だいたい、半分以下の時間で同じものが出来上がってしまいます。

 

最初に作っていく時は、あらゆるところで試行錯誤があるんですね。

こうしようか、いやこっちの方が良いかなとか。

それが、一切なくて、積み木を積み上げるがごとくやってしまうと、
あっという間に出来上がります。

 

それと、実は同じことなんですね。

 

走りながら考える必要がある場合もあります。

何か初めてのことをする場合です。

 

でも、いつもやっていること、前にやったことでは、
まず最後に到達するイメージを頭にきちんと浮かべることができたら、後は、そこに行くだけです。

 

目的への道がナビのように設定できれば、そこには「◯分で到着する」という結果が見えているんですね。

 

これで、あなたも「時間を操る魔法使い」です(*^_^*)

ぜひ、魔法の練習をしてみてください。

 

結局は、何でもすべてマインドなんですね。
考え方、思考の持ち方ひとつで、自分を自由にできるんです。

その魔法を教えることも、クリエイティブマインドコーチとしての仕事です。

 

今日は「時間を操る魔法」にありがとう(*^_^*)

#今日のありがとう vol.547

 

 

当サイトで使用している写真について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です